人生にはさまざまなイベントがあります。
節目節目で、リスクを見直し、安心を得るためのお手伝いをさせて頂きます。

就職した時
まずは、自分のための保険を考えましょう。
ケガや病気で入院した場合に金銭的に困らないためにも医療保険が必要です。
年齢が若いうちに加入すると、月々の保険料を低く抑えることが出来ます。
結婚した時
結婚を境に、家族のための保険を用意する時期です。
万一の時、残された家族の為、 当面の生活保障を準備できるように、
満足のいく金額の死亡保障保険を考えましょう。
また、突然の入院による収入減に備えて、医療保険も必要です。
子供が生まれた時
子供が生まれると、その子の将来の必要資金をまかなえる保険が必要となります。
そのための保険種類として、一時金タイプの定期保険や分割払いタイプの収入保障保険があります。
また、突然の入院による医療費や収入減に備えて、医療保険は必ず加入しましょう。
家を建てた時
住宅購入の際、住宅ローンを利用すると、団体信用生命保険に加入します。
そのため、現在加入の死亡保障を増やす必要はありません。
それよりも、病気・ケガ等によって、月々のローンの支払いが困らないように、
所得保障保険や三大疾病保険を考える時期ではないでしょうか。
子供が成人した時
子供の成人(独立)は、親にとって責任を果たしたうれしい瞬間ですね。
子供が独立すれば、家計にも大きな変化があります。
これまで子供にかかっていたお金を全て貯蓄に回すことも出来ます。
子供が独立したことで、あらためてご家族の必要な保障を見直す時期でもあります。
この時期は、健康状態も不安を覚えてくる頃ですので医療に関わる保険を見直すタイミングでもあります。
老後が気になった時
退職の時期が視野に入ってくる50代、ずっと先だと思っていたものが具体的になり戸惑いを覚えますね。
老後に必要な資金をできるだけ早く準備することが重要かと思いますが長いセカンドライフを考えると貯蓄と保障のバランスが大切です。
貯蓄だけに重きを置くと、積み立てている途中で、万一のことがあったり事故や病気によって収入が途絶えることも考えられます。
その場合、老後に必要な資金を用意できなくなる恐れもあります。
ご一緒にセカンドライフを考えて行きましょう。